任意整理と任意売却の違いは、簡単に述べると前者が債務整理の手法の一つで、後者が不動産の処分方法の一つであるということです。

任意整理は、債務の弁済が不可能あるいは困難になった人が自ら、もしくは任意整理弁護士や司法書士に代理人になってもらい、債権者と交渉して、債務の圧縮や支払条件の変更をすることを指します。債務の弁済は滞らせたままにしておくと、最終的には裁判所から仮執行宣言が付いた支払督促が送達され、従わない場合は債権者からの申し立てによって強制執行が行われてしまいます。債務整理はこのような事態を阻止するために行うものであり、任意整理はいくつかある債務整理の方法の中で唯一、裁判所の介入を受けずに行うことができ、他の債務整理の方法より比較的短期間で手続きを終結させることができます。

これに対して任意売却は、住宅ローンの返済が困難になった場合や、通常通りに住宅を売却してもローンの残債を清算することが難しい場合に、融資を受けた金融機関からの許可を得た上で建物と敷地を売却することを指します。住宅ローンの延滞が長期にわたると、最終的には金融機関からの申し立てにより競売の手続きに入り、購入者が決定すれば住宅から退去しなければなりません。任意売却はこのような事態になる前に実施するもので、ケースにはよるものの、競売にかけられた場合より高く物件を売却することができます。売却によって得たお金は住宅ローンを含めた債務の圧縮や、新しい住まいへの引越費用にあてられます。