総量規制というのは、簡単に言うと「年収の三分の一を超える借り入れは出来ない(当然、貸し付けも出来ない)」という規制のことです。ただし総量規制は貸金業法の一種ですから、この規制の適用を受けるのは貸金業者だけです。ですから貸金業者ではない銀行や信用金庫、その他の金融機関は規制の対象外ということになります。
それゆえ、総量規制銀行ローンを考えると、それは「総量規制の対象ではないので年収の三分の一を超える借り入れも可能な銀行ローン」という意味だと解釈することが出来るでしょう。たとえば年収が300万円のサラリーマンが120万円のお金を借りようと思ったら、基本的に、貸金業者から借りるのは総量規制のゆえに最初から無理だと判断できます。
しかし総量規制銀行ローンなら規制対象外ですので、120万年の借り入れができる可能性はあるのです。ただし、ここで一つ注意しなければならないことがあります。それは、たとえ総量規制銀行ローンであったとしても、申し込み手続きを行いさえすれば必ず120万円の借り入れができるわけではないということです。
そうではなくて、あくまでも120万円借り入れできる可能性があるということなのです。なぜなら、実際に借り入れをするためには審査に通らなければならないからです。とにかく総量規制の対象とはならない銀行の総量規制と言われているものではない融資カードローンなどにも必ず審査がありますので、それに通らなければ話にならないのです。この点は、くれぐれも誤解しないようにしましょう。